スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

αと散歩  風不死岳

ふう
ただいまぁ

今日も勢いでタイプ練習するぞぅ

DSC08779.jpg 
ここは北海道の登山する人でもあまり行かない
知らない?風不死岳の楓沢ルート

苔の洞門が災害で閉鎖されているがそれに近いのかな?
行ったことがないからあまり洞門の事は知らないけど


圧巻のコケの岩
気温というか空気がとても気持ちいい

超広角レンズ一本で今回は登った
三脚も望遠レンズもお留守番
前日の登山で欲張りはいかんなと学んだもので
その分水を一リットル増やした
結果正解だった
DSC08781.jpg 
16mmのパースってすごいですね

DSC08777.jpg 
人を入れるとその場の大きさが伝わると思うんだけど
もの凄い雰囲気があるところで
今にも崩れそうな箇所がたくさんあった
今日は奥さんがいて一人じゃないし

心強いね
ヒグマだけには会いたくないけどさ

DSC08782.jpg 
良いね
楓沢

DSC08785.jpg 
登山経過はほぼない

何かの記事で風不死岳は初級者向きとか書かれているのを
見たけど今回の僕たちのルートはなかなか過酷だった
山頂付近には結構な岩登りも数か所あるし
しかもミスは決して許される状況じゃないね

僕的に旭岳よりも大変だったな

これが初級者ならみなさんほんとすごいんだなって思う

三か所くらいもう頂上だろって思うところもあったりして
奥さんがこれも違うのって笑

看板も黒字の普通のだったら良いのになあ
せっかく素敵な眺めなのに

今回は雲がかかっていたけど
DSC08787.jpg 
同じルートではもう行かないかもだけど
コケの岩たちを見には行きたいな

まあ登山好きのみなさん
クマ対策はしっかり

じゃねぇ



スポンサーサイト

αと散歩  無意根山

登山中毒の8月最初の山は
札幌から1時間位の場所に登山口がある無意根山へ
DSC08764.jpg 天気が良いと蝦夷富士 羊蹄山が見える
定山渓側の薄別コースからで往復6時間かかった

長い?
なぜなら林道の最初のポイントに車を置いて歩き始めたからさ
事前にキーの番号を聞いたら5キロは短縮できたんだけど
往復で1時間半
まっこれも登山でしょ
DSC08760.jpg DSC07053.jpg 
ここは大蛇ヶ原湿原
中学生位の男の子たちが短パン半袖でトンボとりをしていた

ちなみに下山時もいてその時は笹薮かくれんぼをしていた
短パン半袖で・・・
マダニに気を付けてよー
いったいどこから来てるんだろか?
DSC08758.jpg これは雷の後かな?
DSC08762.jpg 無意根尻小屋

こっちは空沼の
DSC08645.jpg 兄弟か!
DSC08765.jpg 山頂 16mm
DSC08766.jpg 35mm
DSC07058.jpg 70mm
DSC07055.jpg 150mm
DSC08771.jpg 札幌方面

気温が高いと水分1リットルじゃ足りん!
帰り道 小川の水を飲んでしまおうか本気で迷った

まぁ口をゆすぐだけにしたけどね


実は2日連続で登山をした
今日は支笏湖 風不死岳へ奥さんと
ちなみにコースは楓沢から樽前山7合目 風不死岳 北尾根
7時間半
ちょっと疲れている今この時間
と言う事でもう寝る

コケの話しは次回に


おやすみぃ

αと散歩  漁岳

ふぅ

アツい暑い

あと二週間もしたら夏も終わりだな

今回は支笏湖寄りの漁岳へ
この山は登山道と呼ばれるものはなく
渓流を登る沢登りの予定だった

DSC07027 (2) 何かが違う
DSC08710.jpg 僕は何も知らなかった
ほんとに恥ずかしいな
この辺一帯は2014年の大雨の影響で甚大な被害があった
当時の僕は仕事ばかりの生活で北海道の事 日本の事をなにも知らなかった

空沼岳の登山口の違和感もこれだったんだ

DSC08711.jpg 沢へのは入り口
3mくらいの90度の崖・・・
10分間考える
・・・


・・・


・・・

ちょっとだけ行ってみるか
DSC08713.jpg 
もとは綺麗な沢で川魚もたくさんいたらしいが
今はほぼ魚の姿はなっかた

今日は奥さんもいないし
近くには人の気配は全くないし
この荒れよう
転んで足でも折った日にゃ帰れんな
どうしたもんか

DSC08722.jpg 
30分くらい登って今日は登頂は諦めることにした
濡れた岩と登山靴の相性は最悪だったから
引き返す勇気もあるのです僕は笑

変わりに渓流を素敵に撮る練習をしてみた
三脚とNDフィルターの400と32を持ってたからね
DSC08718.jpg a99ii×16-35mmii  16mm   f6.3   13秒 iso50  NDフィルター400DSC08719.jpg                 f2.8  1.6秒 iso50  DSC08720.jpg                f2.8  0.8秒 iso125

難しいはこれは
勉強しよう

早々に下山したから
丸駒温泉に入ってから支笏湖をドライブ


美笛キャンプ場の下見に行ったら
何か橋から素敵な光景が
DSC07037.jpg 
コケに光が当たってなんとまぁ綺麗なんじゃろ
DSC07040.jpg 
人工物ではなさそうだな  たぶん
DSC07041 (2) 
足に大量の蚊がくっついてたから
今日はもう帰ろう

ドライブの最後はDSC07034.jpg 
北海道3大秘湖オコタンぺ湖へ
今年の6月からまた少しだけ開通になって展望台までは行けるようになった

漁岳の頂上からオコタンぺ湖と支笏湖を見る予定だったんだけどな

晴れた時また行ってみようっと


αと散歩  空沼岳

休みごとに黒くなっていく 

どうも僕です

奥さんと出会ってから登山をするようになり
今では天気が良ければ一人でもクマ鈴を付け山へ向かうようになった

札幌の周辺には1000m越えの日帰りできる山々が沢山ある

今回は空沼岳へ
DSC07018.jpg 
平日だったので貸し切り状態
DSC07019.jpg 
山頂は風がとても強くガスがいっぱいだった
この方向は支笏湖が見えるはずだったんだけど・・・
また次回
DSC07016.jpg 札幌市方面
もよもやだったけどなんか綺麗だったから撮ってみた
DSC08636.jpg 
登山口付近
自然災害で色々壊れてしまったらしい
DSC06966.jpg そしてこれ
札幌市の周辺にはヒグマがよくいる
鈴だけで大丈夫かといつも思うが今のところまだ会っていない
DSC08708.jpg  
登山口からすぐのところにエゾアジサイがたくさん咲いている
たまにヤマアジサイもDSC08698.jpg 
万計沼から流れてくる滝のところ
空沼岳は別名  泥沼岳というらしく登山道はけっこうぐちょぐちょ

でもコケとか湿地にいる植物が好きな人にはお宝山だな
DSC07021.jpg DSC08638.jpg 
DSC08689.jpg 
実は僕も嫌いじゃない

DSC07009.jpg 
万計沼
ここは紅葉の時期はそれは綺麗なんだろうなと思う
DSC06980.jpg 
標高1000m付近の真簾沼
DSC07015.jpg DSC07011.jpg 鹿の糞がたくさん落ちていた
会いたい
DSC07020.jpg 
写真を撮りながら6時間くらいかけて帰ってきた
登山靴は泥だらけになるけど
山頂まで楽しい道のりで
僕は好きだなぁこの山

さて次はどこへ行こうか

ヤマセミと遊ぶ

もう7月13日・・・
仕事が忙しいとあっという間に時が流れる
北海道の短い夏はあと一か月もないかな

時間と体力が続く限り夏を満喫するぞぅ

さて

なにしようか・・・

・・・

・・・

会えるかわからないがヤマセミとカワセミのところに行ってみるか

DSC08493 (1) 
あらあら無事生まれたのね

かわいい

どうにかうちのベランダにも来てもらいたいものだ

少し離れたところでお母さんも

DSC08488 (1) 
やっぱステキ

カワセミとヤマセミ

僕はヤマセミ派かなぁ

そしてそしてさらに一人で散策

DSC08538 (1) 
まさかの兄弟
こんなはずれの田舎には僕くらいしかおらず

また良い所を発見

ただクマの目撃情報がちらほら・・・

鈴とクマ撃退スプレーでも買おうかな

DSC08616 (2) 
一人あそびしているところにも
いったい何中なんじゃこれは?
DSC08602 (2) 上見てDSC08612 (2) 下見てDSC08624 (2) 怒って
DSC08622 (2) キリッ

でも飛び込めないんだよねー 1時間半 笑

DSC08593 (2) 
瞬膜

癒されました

ありがと

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。